ACD(攻撃的サイバー防衛)はどこまで許されるのか | ScanNetSecurity
2020.07.08(水)

ACD(攻撃的サイバー防衛)はどこまで許されるのか

攻撃は最大の防御という言葉がある。脅威インテリジェンス、ハックバック、防衛的サイバー攻撃といった行為は、アクティブサイバーディフェンス(攻撃的サイバー防衛)と呼ばれ、しばしば議論の元になる。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
カーネギー国際平和基金のシニアリサーチャー ワイアット・ホフマン氏
カーネギー国際平和基金のシニアリサーチャー ワイアット・ホフマン氏 全 3 枚 拡大写真
 2019 年 5 月 16 日に行われた衆議院本会議で安倍晋三内閣総理大臣は、日本のインフラやシステムへのサイバー攻撃が武力攻撃にあたる場合があり、その際は自衛のための武力行使が許されるという見解を述べた。

 やりかえす、いわゆる「ハックバック」「防衛的サイバー攻撃」といった行為は、「アクティブサイバーディフェンス( ACD:攻撃的サイバー防衛)」と呼ばれ、しばしば議論の元になる。それ自体がサイバー攻撃の体をなす危険性があるからだ。

 アクティブサイバーディフェンスの妥当性や合法性はどのように測ればいいのだろうか。この問題に明確な答えはないが、昨冬開催された CODE BLUE Tokyo 2018 において、カーネギー国際平和基金のシニアリサーチャー ワイアット・ホフマン氏が行った講演をもとに考えてみよう。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  5. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  6. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  7. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  8. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  9. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

  10. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る