アップデートの仕組みを悪用したPlead感染を台湾で確認--月例レポート(キヤノンMJ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.24(土)

アップデートの仕組みを悪用したPlead感染を台湾で確認--月例レポート(キヤノンMJ)

キヤノンMJは、2019年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
ルーターに対するMITM攻撃のシナリオ
ルーターに対するMITM攻撃のシナリオ 全 2 枚 拡大写真
キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は6月7日、2019年4月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開した。同レポートは、国内で利用されているウイルス対策ソフトウェア「ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ」のマルウェア検出データを元にしたもの。

国内におけるマルウェアの検出数は、前月と同程度となった(2018年11月を100%として、2019年3月は122%、4月は120%)。検出されたマルウェアでは、ダウンローダーで主にメールにより拡散する「VBA/TrojanDownloader.Agent」が14.6%でもっとも多かった。検出数は1月の3倍以上と増加傾向にある。これに、アドウェア「JS/Adware.Agent」(11.1%)、HTMLに埋め込まれた不正スクリプト「HTML/ScrInject」(5.1%)が続いた。

4月にはまた、バックドア型マルウェア「Plead」を使った新たな攻撃が台湾で確認された。この攻撃では、正規アプリケーションにおけるアップデートの仕組みを悪用していた。悪用されたアプリケーションは、アップデートの際の通信を暗号化しておらず、アップデートファイルの検証も行っていなかった。また、感染したPCに接続されていたルータには外部から管理パネルにアクセスされる脆弱性が存在していた。攻撃者はこれらの状況を悪用してMITM攻撃を行った可能性が高いという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  3. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  4. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

  5. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  6. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  7. マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

    マネージドEDRサービスの対象に「CrowdStrike Falcon」追加(ラック)

  8. 盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

    盗んだデータの不足をフィッシングで補完、不正口座の開設も(アカマイ)

  9. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  10. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

ランキングをもっと見る