2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA) | ScanNetSecurity
2021.01.27(水)

2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA)

JNSAセキュリティ被害調査WGは、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2018年 個人情報漏えいインシデント概要
2018年 個人情報漏えいインシデント概要 全 4 枚 拡大写真
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)セキュリティ被害調査WGは6月10日、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。この報告書は、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

速報版によると、2018年の個人情報漏えいインシデントの件数は443件で、2017年(386件)から増加に転じている。漏えい人数は561万3,797人で、2017年(519万8,142人)から微増となっている。業種別では「公務(他に分類されるものを除く)」130件、「教育、学習支援業」101件、「情報通信業」33件の順で多かった。教育、学習支援業は2017年よりほぼ倍増した。

原因では、「紛失・置き忘れ」が118件でもっとも多く、2017年にトップだった「誤操作」109件と入れ替わった。以降、「不正アクセス」90件、「管理ミス」64件と続いた。漏えい媒体・経路では「紙媒体」132件、「インターネット」118件、「電子メール」95件が上位を占めた。上位の順位は変わらないが、件数は全体的に増加している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  2. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  3. 2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

    2020年 企業へのサイバー攻撃動向総括 ~ 盗まれた認証情報はいくらで売りに出されるか

  4. 日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

    日本も457台が被害に、テレワークがもたらしたPCからの情報窃取の現実

  5. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  6. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  7. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  8. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  9. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

  10. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

ランキングをもっと見る