2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA) | ScanNetSecurity
2020.04.08(水)

2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA)

JNSAセキュリティ被害調査WGは、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2018年 個人情報漏えいインシデント概要
2018年 個人情報漏えいインシデント概要 全 4 枚 拡大写真
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)セキュリティ被害調査WGは6月10日、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。この報告書は、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

速報版によると、2018年の個人情報漏えいインシデントの件数は443件で、2017年(386件)から増加に転じている。漏えい人数は561万3,797人で、2017年(519万8,142人)から微増となっている。業種別では「公務(他に分類されるものを除く)」130件、「教育、学習支援業」101件、「情報通信業」33件の順で多かった。教育、学習支援業は2017年よりほぼ倍増した。

原因では、「紛失・置き忘れ」が118件でもっとも多く、2017年にトップだった「誤操作」109件と入れ替わった。以降、「不正アクセス」90件、「管理ミス」64件と続いた。漏えい媒体・経路では「紙媒体」132件、「インターネット」118件、「電子メール」95件が上位を占めた。上位の順位は変わらないが、件数は全体的に増加している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ビデオ会議アプリ「Zoom」に、ログイン情報の窃盗などの脆弱性(IPA)

    ビデオ会議アプリ「Zoom」に、ログイン情報の窃盗などの脆弱性(IPA)

  2. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第3回 ソリトンシステムズ 荒木 粧子 「セキュリティ業界に飛び込んだきみへ」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第3回 ソリトンシステムズ 荒木 粧子 「セキュリティ業界に飛び込んだきみへ」

  3. 楽天市場・ヤフーショッピング特化の自動更新ツールへ不正アクセス、一部改ざん被害も(Ryuki Design)

    楽天市場・ヤフーショッピング特化の自動更新ツールへ不正アクセス、一部改ざん被害も(Ryuki Design)

  4. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  5. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  6. 検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発

    検疫隔離に従わなければ発砲のフィリピン、新型コロナウイルスキャリア追跡アプリ開発

  7. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  8. 複数のヤマハ製ネットワーク機器にDoSの脆弱性(JVN)

    複数のヤマハ製ネットワーク機器にDoSの脆弱性(JVN)

  9. 2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

    2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

  10. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

ランキングをもっと見る