2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.25(火)

2018年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、漏えい件数が増加に転じる(JNSA)

JNSAセキュリティ被害調査WGは、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2018年 個人情報漏えいインシデント概要
2018年 個人情報漏えいインシデント概要 全 4 枚 拡大写真
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)セキュリティ被害調査WGは6月10日、「2018年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。この報告書は、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

速報版によると、2018年の個人情報漏えいインシデントの件数は443件で、2017年(386件)から増加に転じている。漏えい人数は561万3,797人で、2017年(519万8,142人)から微増となっている。業種別では「公務(他に分類されるものを除く)」130件、「教育、学習支援業」101件、「情報通信業」33件の順で多かった。教育、学習支援業は2017年よりほぼ倍増した。

原因では、「紛失・置き忘れ」が118件でもっとも多く、2017年にトップだった「誤操作」109件と入れ替わった。以降、「不正アクセス」90件、「管理ミス」64件と続いた。漏えい媒体・経路では「紙媒体」132件、「インターネット」118件、「電子メール」95件が上位を占めた。上位の順位は変わらないが、件数は全体的に増加している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

    モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

  2. ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

    ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

  3. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  4. 脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

    脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

  5. 「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  6. LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

    LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

  7. 「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

    「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

  8. アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

    アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

  9. LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

    LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

  10. 世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

    世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

ランキングをもっと見る