スマートホームコントローラーの脆弱性を発見、社員宅で実証(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

スマートホームコントローラーの脆弱性を発見、社員宅で実証(カスペルスキー)

カスペルスキーは、スマートホームコントローラーの重大な脆弱性を複数発見したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社カスペルスキーは7月4日、スマートホームコントローラーの重大な脆弱性を複数発見したと発表した。7月1日にKasperskyが発表したプレスリリースの抄訳として発表している。同社の調査チームは、次々に新たな製品が登場するスマートホーム向けIoT機器の継続調査のため、同社社員宅のスマートシステムに脆弱性がないかを検証した結果、複数の重大な脆弱性を発見したという。

調査チームは、情報収集段階で攻撃経路を検討し、ホームオートメーションに広く採用されている「Z-Wave」という無線通信プロトコル、管理パネルのWebインタフェース、クラウドインフラストラクチャをその候補に挙げた。その後、デバイスからの要求に対する処理方法を調査したところ、認証プロセスに脆弱性があり、リモートコード実行される恐れがあることが判明した。

これらを組み合わせることで、システム上では何の権限も持ってない第三者が、FIBARO社のコントローラー「Home Center Lite」からクラウドにアップロードされたすべてのバックアップへのアクセス、および感染したバックアップをクラウドにアップロードして特定のコントローラーにそのバックアップをダウンロードさせることが可能であった。

調査チームは、コントローラーのファームウェアアップデータにスクリプトを仕込み、デバイスの所有者である社員にクラウド経由で更新通知のメールとSMSを送信、社員は感染したアップデータをダウンロードした。これにより調査チームはスマートホームコントローラーのroot権限を取得し、システムの操作が可能になった。侵入成功の証明として、調査チームは目覚まし時計のアラーム音を変更し、大音量にしたという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  3. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  4. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  5. 「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  7. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  8. 「日本セキュリティ協会」を名乗る電話アンケートに注意

    「日本セキュリティ協会」を名乗る電話アンケートに注意

  9. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る