米Sailpoint社の自動ID管理製品の取扱いを開始(アイ・アイ・エム) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

米Sailpoint社の自動ID管理製品の取扱いを開始(アイ・アイ・エム)

アイ・アイ・エムは、IDガバナンス管理(IGA)、IDアクセス管理(IAM)分野の企業である米Sailpoint社とアライアンス契約およびリセラー契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社アイ・アイ・エムは7月12日、IDガバナンス管理(IGA)、IDアクセス管理(IAM)分野の企業である米国SailPoint Technologies, Inc.(Sailpoint社)とアライアンス契約およびリセラー契約を締結したと発表した。アイ・アイ・エムは2019年7月より、SailPoint社の「IdentityIQ」製品の販売およびサポートを開始する。

「IdentityIQ」は、社員の属性変更にリアルタイムで対応し、IDの登録や変更、削除、アクセス範囲の変更をガバナンスに沿って自動的に実施できるようにするソリューション。世界1,200社の大手企業で導入されている。アイ・アイ・エムでは、これまで一般ユーザが持っていない高権限を持つ特権IDの管理に関するソリューションを展開してきたが、「IdentityIQ」と連携することで、特権IDを含めたすべてのID管理の自動化を実現するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る