マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.07.08(水)

マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、10製品を更新(IPA、JPCERT/CC)

IPAは、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2019年8月)」を発表した。JPCERT/CCも「2019年 8月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は8月14日、「Microsoft 製品の脆弱性対策について(2019年8月)」を発表した。一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)も「2019年 8月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」を発表している。これは、マイクロソフトが2019年8月度のセキュリティ更新プログラムを公開したことを受けたもの。対象となるソフトウェアは次の通り。

・Microsoft Windows
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・ChakraCore
・Microsoft Office、Microsoft Office Servers および Web Apps
・Azure DevOps
・Visual Studio
・Online Services
・Active Directory
・Microsoft Dynamics

これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってPCを制御されたりして、さまざまな被害が発生する可能性がある。また、「リモートデスクトップサービスの脆弱性(CVE-2019-1181およびCVE-2019-1182)」について、今後悪用された場合に脆弱な端末に感染が広がる可能性があるとのことで、マイクロソフトは個別にブログで情報を公開し、影響を受けるシステムでセキュリティ更新プログラムの早期適用を推奨している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  5. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  6. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  7. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  8. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  9. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

  10. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る