CMS「SHIRASAGI」にフィッシングなどの被害に遭う脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.16(月)

CMS「SHIRASAGI」にフィッシングなどの被害に遭う脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、SHIRASAGI Projectが提供する、中・大規模サイト向けのオープンソースCMS「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性が存在すると「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
JVN(Japan Vulnerability Notes)jvn.jp
JVN(Japan Vulnerability Notes)jvn.jp 全 1 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーデネーションセンター(JPCERT/CC)は9月10日、SHIRASAGI Projectが提供する、中・大規模サイト向けのオープンソースCMS「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。CVSS v3によるBase Scoreは4.7。三井物産セキュアディレクション株式会社の米山俊嗣氏が報告を行った。

「SHIRASAGI v1.7.0 およびそれ以前」には、オープンリダイレクトの脆弱性(CVE-2019-6009)が存在する。この脆弱性が悪用されると、細工されたURLにアクセスすることで、任意のWebサイトにリダイレクトされる可能性がある。結果として、フィッシングなどの被害に遭う可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版にアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  4. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  5. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  6. 県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

    県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

  7. ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

    ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

  8. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

ランキングをもっと見る