LINE騙るフィッシングメール、空白の多い文面も確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.16(月)

LINE騙るフィッシングメール、空白の多い文面も確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、LINEを騙るフィッシングメールの報告が増えているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
確認されたフィッシングメールの件名
確認されたフィッシングメールの件名 全 4 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は9月10日、LINEを騙るフィッシングメールの報告が増えているとして、注意喚起を発表した。フィッシングメールの文面は2種類あり、「[LINE緊急問題]」という件名のものと、他の複数の件名のものが確認されている。いずれも異常ログインされたとして、リンクをクリックさせようとする。また、旧端末にメッセージが届くが手順をそのまま進めるようにとの記載がある。

確認されたフィッシングサイトのURLは以下の通り(一部)。

メール文面1: メール内のURL
https://●●●●.com/Ops.aspx?name=lines&email=●●●●&uuid=●●●●
https://●●●●.net/Ops.aspx?name=lines&email=●●●●&uuid=●●●●

メール文面1: 転送先のURL
https://●●●●.com/
https://●●●●.info/

メール文面2: メール内のURL
http://[IP アドレス]/?u=●●●●&p=●●●●

メール文面2: 転送先のURL
https://line-id-safety-center-signin-openid-pape-max-auth-age-openid.●●●●.info/

同協議会によると、9月10日14時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼中としている。また、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるため、引き続き注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてアカウント情報(メールアドレス、パスワードなど)を絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  4. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  5. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  6. 県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

    県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

  7. ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

    ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

  8. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

ランキングをもっと見る