インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2019年7月1日から9月30日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
インシデント報告関連件数
インシデント報告関連件数 全 5 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月17日、2019年7月1日から9月30日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は4,618件で、前四半期(3,830件)から21%増加した。

同四半期のインシデントの内訳は「フィッシングサイト」が60.4%、「スキャン」が16.2%となった。スキャンが前四半期からさらに減少する一方、フィッシングサイトの報告件数は3,457件で、前四半期の1,947件から78%の増加となった。前年度同期(1,302件)からは166%の増加となっている。内訳では、国内のブランドを装ったフィッシングサイトの件数が673件となり、前四半期の378件から78%増加。国外のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は1,828件となり、前四半期の1,255件から46%増加している。

活動概要では、「マルウエアの設定情報を抽出するツール『MalConfScan』とプラグイン『MalConfScan with Cuckoo』を公開」「初代 JPCERT/CC 代表理事を務めた山口 英が『インターネットの殿堂』入り」「-JPCERT/CC 感謝状 2019 ~サイバーセキュリティ対策活動の協力者に感謝状」の3つをトピックに挙げている。JPCERT/CC 感謝状 2019では、さくらインターネット株式会社と、住友化学株式会社の大谷和史氏に感謝状と記念の盾を贈呈している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

  2. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  3. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

  4. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  5. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

    クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

  7. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  8. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  9. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る