インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

JPCERT/CCは、2019年7月1日から9月30日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。

脆弱性と脅威 脅威動向
インシデント報告関連件数
インシデント報告関連件数 全 5 枚 拡大写真
一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月17日、2019年7月1日から9月30日までの四半期における「インシデント報告対応レポート」および「活動概要」を公開した。インシデント報告対応レポートによると、同四半期にJPCERT/CCに寄せられたインシデント報告件数は4,618件で、前四半期(3,830件)から21%増加した。

同四半期のインシデントの内訳は「フィッシングサイト」が60.4%、「スキャン」が16.2%となった。スキャンが前四半期からさらに減少する一方、フィッシングサイトの報告件数は3,457件で、前四半期の1,947件から78%の増加となった。前年度同期(1,302件)からは166%の増加となっている。内訳では、国内のブランドを装ったフィッシングサイトの件数が673件となり、前四半期の378件から78%増加。国外のブランドを装ったフィッシングサイトの件数は1,828件となり、前四半期の1,255件から46%増加している。

活動概要では、「マルウエアの設定情報を抽出するツール『MalConfScan』とプラグイン『MalConfScan with Cuckoo』を公開」「初代 JPCERT/CC 代表理事を務めた山口 英が『インターネットの殿堂』入り」「-JPCERT/CC 感謝状 2019 ~サイバーセキュリティ対策活動の協力者に感謝状」の3つをトピックに挙げている。JPCERT/CC 感謝状 2019では、さくらインターネット株式会社と、住友化学株式会社の大谷和史氏に感謝状と記念の盾を贈呈している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  5. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  6. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  7. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  8. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

  9. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る