育英資金貸付金の返還通知を第三者に誤送付(佐賀県教育委員会) | ScanNetSecurity
2020.02.26(水)

育英資金貸付金の返還通知を第三者に誤送付(佐賀県教育委員会)

佐賀県教育委員会は10月25日、教育総務課にて佐賀県育英資金貸付金の返還に係る通知を第三者に郵送したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
佐賀県教育委員会は10月25日、教育総務課にて佐賀県育英資金貸付金の返還に係る通知を第三者に郵送したことが判明したと発表した。

これは教育総務課にて、佐賀県育英資金貸付金の滞納金の回収手段の一つとして債権管理回収会社へ管理回収業務を委託しているが、委託前に借受者本人とその連帯保証人の現住所を確認するために「住民基本台帳ネットワークシステム」を利用し、住所検索を行った際に、本来であれば氏名、生年月日、性別、住所の4情報で検索すべきであるが当該帯保証人の生年月日が不明であったため氏名と住所の一部で検索を行い抽出された1件を育英資金管理システムに登録し、10月1日に債権管理回収会社へ委託した旨の通知を発送したところ、10月3日に通知を受け取った第三者からの問い合わせにより誤送付が判明したというもの。

抽出された住所は貸付時の連帯保証人の住所とは違っていたが、氏名が一致していたため誤認し、既知の住所との相違の確認を怠ったことが原因。

誤送付したのは、佐賀県育英資金の借受者本人及び連帯保証人の氏名と債権管理回収会社へ委託した滞納金額が記載された通知文1通。

教育総務課では10月3日に、誤送付した文書を回収するとともに誤送付先の第三者に経緯の説明と謝罪を行い、10月10日には育英資金借受者と連帯保証人に説明と謝罪を行った。

佐賀県教育委員会では今後、個人情報を登録・変更する際には住基ネットの検索結果に誤りがないか複数の担当者でチェックを行い再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  2. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  3. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  4. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  5. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  6. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  7. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  8. 教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

    教育メニューにNRIセキュアの「セキュアEggs」を追加(GSX)

  9. CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

    CrowdStrike Blog:FANCY BEAR( APT28 )、ファンシーベアとは何者か?

  10. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

ランキングをもっと見る