アプリケーションサービス「Allin1 Office」運用サーバに不正アクセス、1年分の決済情報が流出(直久) | ScanNetSecurity
2020.02.23(日)

アプリケーションサービス「Allin1 Office」運用サーバに不正アクセス、1年分の決済情報が流出(直久)

株式会社直久は10月24日、同社のラーメンを販売するネットショップが使用するアプリケーションサービス「Allin1 Office」が運用するサーバに外部から不正アクセスがあり、顧客の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
株式会社直久は10月24日、同社のラーメンを販売するネットショップが使用するアプリケーションサービス「Allin1 Office」が運用するサーバに外部から不正アクセスがあり、顧客の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは2018年3月27日に、同社に対しカード会社から決済代行会社を通じて同社ネットショップでの情報漏えいの懸念について連絡があり、被害拡大防止のため同ショップでのカード決済を停止し調査会社に調査を依頼したところ、全研本社株式会社提供のアプリケーションサービス「Allin1 Office」を運用するサーバの脆弱性を利用した外部からの攻撃により、2017年4月27日から2018年3月28日にカード決済を利用した会員データ等が流出した可能性が判明したというもの。

流出した可能性があるのは2017年4月27日から2018年3月28日に、同ショップでカード決済を利用した最大133件のカード情報(会員名、番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では10月24日から、対象となる顧客にメールおよび書状を送付し謝罪と説明を行う。

同社ではカード会社に該当するカード情報を報告し、不正利用の防止のためモニタリングを依頼しているが、顧客に対してもカードの利用明細に不審な請求が無いか確認するよう呼びかけている。

同社では3月28日に、監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行い、また最寄りの警察署にも3月29日に被害相談している。

同社では今後、調査会社より指摘されたアプリケーションサービスの脆弱性について、全研本社株式会社に申し入れするとともに、全研本社システムのセキュリティ対策と監視体制の管理監督を強化し、より安全な他サービスへの切替を進めるなどの再発防止策に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  2. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  3. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  4. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  5. 「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

    「いちまさオンラインショップ」に不正アクセス、セキュリティコード含む約300件流出可能性(一正蒲鉾)

  6. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

  7. 職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

    職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

  8. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  9. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

  10. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

ランキングをもっと見る