顧客対応を行っていたパソコンがウイルス感染、個人情報が流出の可能性(ニッポンレンタカーサービス) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

顧客対応を行っていたパソコンがウイルス感染、個人情報が流出の可能性(ニッポンレンタカーサービス)

ニッポンレンタカーサービス株式会社は11月5日、同社の顧客対応を行っていたパソコン1台がウイルス感染し、当該パソコンに保存されていた顧客情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
ニッポンレンタカーサービス株式会社は11月5日、同社の顧客対応を行っていたパソコン1台がウイルス感染し、当該パソコンに保存されていた顧客情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは10月18日以降に、顧客に対し同社のメールアドレスを装った送信者不明の迷惑メールが配信されていることが確認され、同社で調査を行ったところ、当該パソコンがウイルス感染し、顧客情報が流出した可能性を確認したというもの。

流出した可能性があるのは、当該パソコンで2018年3月28日から2019年10月23日までに送受信したメールに含まれる情報(メールアドレス、件名、本文、添付ファイル)。

同社では、同社のアドレスを装ったメールを受信した顧客に対し、当該メールに記載されたURLにアクセスしたり添付ファイルを開封せず、削除するよう呼びかけている。

同社では現在、当該パソコンを全てのネットワークから遮断済みで、同社内にて当該パソコン以外の端末やシステムへのウイルス感染は確認されていない。

また同社では、個人情報保護委員会と警視庁へ報告を行い二次被害の防止に取り組むとともに、第三者機関による詳細な調査を行っている。

同社では今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  2. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  3. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  5. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  6. 3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

    3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

  7. 脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

  8. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  9. 不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

    不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

  10. 不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

    不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

ランキングをもっと見る