ミリタリーショップに不正アクセス、カード情報が流出(キャプテントム) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

ミリタリーショップに不正アクセス、カード情報が流出(キャプテントム)

有限会社キャプテントムは11月21日、同社が運営するミリタリーショップ「キャプテントム」に不正アクセスがありカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
有限会社キャプテントムは11月21日、同社が運営するミリタリーショップ「キャプテントム」に不正アクセスがありカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

これは5月9日に、同社に対し一部のクレジットカード会社から「キャプテントム」( https://captaintoms.co.jp/ )を利用した顧客のカード情報流出懸念について連絡があり、同日中にカード決済を停止し第三者調査機関による調査を開始、7月17日に完了した調査結果によると、同サイトのシステムの一部脆弱性を突いたことによる第三者の不正アクセスによりペイメントモジュールの改ざんが行われ、カード情報の流出と一部顧客のカード情報の不正利用された可能性が確認されたというもの。

流出した可能性があるのは、2019年1月8日から5月9日の期間中に「キャプテントム」にてカード決済を行った顧客83名のカード情報(名義、番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では対象となる顧客に対し、メールもしくは書状にて個別に連絡を行う。

同社では7月23日に監督官庁である個人情報保護委員会に、8月16日に所轄警察である北海道警察中央警察署に報告を行っている。

同社では既に、カード会社と連携し流出した可能性のあるカードによる取引のモニタリングを継続して実施し、不正利用の防止に努めているが、顧客に対しても身に覚えのない請求項目が無いか利用明細を確認するよう呼びかけている。

同社では今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  2. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  3. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  5. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  6. 3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

    3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

  7. 脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

  8. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  9. 不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

    不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

  10. 不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

    不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

ランキングをもっと見る