日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能 | ScanNetSecurity
2021.04.21(水)

日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

メールアドレスがわかれば、どこまでの情報が第三者に分かってしまうのか、一般社団法人 日本ハッカー協会 代表理事の杉浦 隆幸氏が、メールアドレスを起点としたOSINTで、どんな情報が得られるかを解説した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
不敵に髪をかきあげる 一般社団法人日本ハッカー協会 代表理事 杉浦 隆幸 氏
不敵に髪をかきあげる 一般社団法人日本ハッカー協会 代表理事 杉浦 隆幸 氏 全 7 枚 拡大写真

《阿部 欽一》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

    ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

  2. ランドブレイン社へのランサムウェア攻撃、総務省委託業務も対象に

    ランドブレイン社へのランサムウェア攻撃、総務省委託業務も対象に

  3. 10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

    10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

  4. これまでは検証者の暗黙知に依存、経産省がIoTセキュリティ検証の指針示す

    これまでは検証者の暗黙知に依存、経産省がIoTセキュリティ検証の指針示す

  5. 自律型攻撃者と防御者が繰り広げる死闘、MicrosoftがOSS仮想ネットワーク戦場「CyberBattleSim」公開

    自律型攻撃者と防御者が繰り広げる死闘、MicrosoftがOSS仮想ネットワーク戦場「CyberBattleSim」公開

ランキングをもっと見る
PageTop