LIXIL社員装った「なりすましメール」に注意、取引先企業が「Emotet」感染の恐れ(LIXIL) | ScanNetSecurity
2021.01.23(土)

LIXIL社員装った「なりすましメール」に注意、取引先企業が「Emotet」感染の恐れ(LIXIL)

株式会社LIXILは2月、同社社員を装った「なりすましメール」に注意を呼びかけている。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
株式会社LIXILは2月、同社社員を装った「なりすましメール」に注意を呼びかけている。

これは1月から、同社社員の氏名とメールアドレスを装った「なりすましメール」が複数確認されたため、同社からのメールを受信し不審点がある場合は、メール内のURLへのアクセスや添付ファイルの開封を控えるよう注意喚起を行っている。

なお、同社内ではウイルス感染が無いことを確認済みだが、同社社員とやり取りした相手先が「Emotet」に感染し、メール情報が窃取された可能性があるという。

もし同社からのメールで不審な点を感じた場合は、同社担当者またはお問い合わせフォームより問い合わせるよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 国産メールセキュリティ企業が考える PPAP の 4 つの代替手段

    国産メールセキュリティ企業が考える PPAP の 4 つの代替手段

  2. イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第4回「ツール 運用 組織体制 コスト - 経営バランスの中で実現するセキュリティの難しさ」

    イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第4回「ツール 運用 組織体制 コスト - 経営バランスの中で実現するセキュリティの難しさ」

  3. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  4. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  5. 国立情報学研究所、NII-SOCS の蓄積データを研究者向けに提供

    国立情報学研究所、NII-SOCS の蓄積データを研究者向けに提供

  6. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  7. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  8. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  9. 「東京女子大学購買センター Web Shop」に不正アクセス、カード情報含む個人情報流出の可能性

    「東京女子大学購買センター Web Shop」に不正アクセス、カード情報含む個人情報流出の可能性

  10. [更新] 福岡市職員が書類送検、ファイル共有ソフトで児童ポルノ動画拡散

    [更新] 福岡市職員が書類送検、ファイル共有ソフトで児童ポルノ動画拡散

ランキングをもっと見る