不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

IPAは、2019年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウイルス届出件数の年別推移(2019 年以降)
ウイルス届出件数の年別推移(2019 年以降) 全 5 枚 拡大写真
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月7日、2019年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。これは、同期間にIPAセキュリティセンターで受理した、コンピュータウイルスと不正アクセスに関する届出状況をまとめたもの。ウイルスの多様化などにより、2019年からはウイルスの検知名を元にした分類を取りやめ、届出1回につき1件として集計している。

2019年に寄せられたウイルス届出の年間件数は259件で、このうちウイルス感染被害があった届出は18件であった。主なウイルス被害の内訳は「Emotet」感染被害5件、ランサムウェア感染被害5件となっている。月別でみると、1月と12月がもっとも多く28件、被害件数は12月が5件でもっとも多かった。2019年年間の検出数は746,206個で、前年の632,375個から約18.0%増加している。月別では、1月が突出して多かった。

不正アクセス届出件数では、2019年の届出件数は89件(前年:54件)で、このうち被害があったのは56件と全体の約62.9%を占めた。届出の種別では、「侵入行為」が59件、「なりすまし」が21件、「サービス妨害(DoS)攻撃」が12件などとなっている。被害があった届出のうち、原因が判明しているものは「設定不備」で15件、「ID、パスワード管理の不備」が9件などとなっている。ただし、「不明」も15件あり、原因の特定に至らない事例も多いとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  8. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  9. 2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

    2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

  10. 複数のヤマハ製ネットワーク機器にDoSの脆弱性(JVN)

    複数のヤマハ製ネットワーク機器にDoSの脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る