美容商品取り扱いサイトへ不正アクセス、決済停止後もカード情報流出の可能性(LASH DOLL JAPAN) | ScanNetSecurity
2020.08.15(土)

美容商品取り扱いサイトへ不正アクセス、決済停止後もカード情報流出の可能性(LASH DOLL JAPAN)

美容商材の開発や企画製造等を行う株式会社LASH DOLL JAPANは3月12日、同社が運営する「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」へ不正アクセスがあり個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
美容商材の開発や企画製造等を行う株式会社LASH DOLL JAPANは3月12日、同社が運営する「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」へ不正アクセスがあり個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

これは2019年10月4日に、同社と取引のあるクレジットカード会社から「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」を利用した顧客のカード情報の流出懸念について連絡があり、同日中にカード決済を一時停止し、外部調査機関にフォレンジック調査を依頼したところ、同サイトのシステムの一部脆弱性を突いた第三者からの不正アクセスによりペイメントアプリケーションの改ざんが行われ、カード情報が流出し不正利用された可能性が判明したというもの。

流出した可能性があるのは、2019年9月20日から10月4日の期間に、「LASH DOLL JAPAN ONLINE STORE」にてカード決済行った顧客355名分のカード情報(名義人名、番号、有効期限、セキュリティコード)。また2019年10月5日から10月10日の期間に同サイトにてカード情報を入力した顧客のカード情報についても流出した可能性があるが、被害等は特定できていない。

同社では既に、カード会社と連携し流出した可能性のあるカードについてモニタリングを継続して実施し不正利用の防止に努めているが、顧客に対してもカードの利用明細に身に覚えの無い請求項目がないか確認するよう呼びかけている。

同社では1月8日に、名古屋東警察署に対し被害届の提出を、1月10日に監督官庁である個人情報保護委員会に対して報告済み。

同社では再発防止策として、調査結果を踏まえた上で同サイトの使用を廃し、セキュリティ対策を実施した新たなサイトを1月30日より運用を再開している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 在宅勤務時 SNS経由で社用PCが感染、社内ネットワーク接続で被害拡大(三菱重工業)

    在宅勤務時 SNS経由で社用PCが感染、社内ネットワーク接続で被害拡大(三菱重工業)

  2. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  3. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  5. Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA)

    Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

    だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

ランキングをもっと見る