日本の情報漏えい事故約680件収録「日本情報漏えい年鑑2020」(イード) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

日本の情報漏えい事故約680件収録「日本情報漏えい年鑑2020」(イード)

イードは、2019年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2020」を発刊したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社イードは3月5日、2019年度に日本国内で発生した主要な個人情報漏えい事件・事故をまとめた「日本情報漏えい年鑑2020」を発刊したと発表した。同年鑑は、同社が運営するセキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」が配信するニュースの中から、企業や官公庁による個人情報漏えい事故680件を収集・掲載したもので、2002年から毎年刊行されている。

どのような事件が何故起きたのか、2019年に発生した代表的情報漏えい事故約680件を編年的に総覧できるほか、索引に掲載された企業名から漏えい事故を検索することもできる。また、事故ごとに「事故発生のリリース発表日」「企業・団体名」「漏えい件数」「漏えい原因」「関連URL」を収録している。

同年鑑は、PDFファイル版(メール納品:60,000円、CD-ROM:80,000円)、書籍版(95,000円)を用意している。また、ローデータCSVファイル版(CD-ROM:180,000円)も用意。こちらには、個人情報保護法が施行された2005年1月から2019年12月までの15年間に国内で発生した主要な情報漏えい事故約2,100件のデータを収録している。購入は同社の販売ページから。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

    新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

  2. モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

    モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

  3. メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

    メール誤送信のお詫び、Amazonギフト券500円分進呈

  4. 茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

    茨城県職員を騙る新型コロナウイルス関係の「なりすましメール」に注意を呼びかけ

  5. 「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

    「PR TIMES」への発表前情報の不正取得、特定IPアドレス以外についても遡って調査

  6. ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

    ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

  7. 新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

    新型コロナ陽性者の個人情報をFAX誤送信、操作ミスで報道機関への短縮ダイヤルに触れたことに気付かず

  8. 216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝

    216の新しい人生 ~ 41歳コンビニ店長の転職 外伝PR

  9. IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

    IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

  10. ジーアール「オムニECシステム」への不正アクセス、新たにサミット予約ネットの被害も

    ジーアール「オムニECシステム」への不正アクセス、新たにサミット予約ネットの被害も

ランキングをもっと見る