企業保有データ 前年比 4 割増 平均13.5 PB、攻撃後の復旧に懸念(デル テクノロジーズ) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

企業保有データ 前年比 4 割増 平均13.5 PB、攻撃後の復旧に懸念(デル テクノロジーズ)

デル テクノロジーズは、世界のデータ保護に関する最新調査「Global Data Protection Index 2020 Snapshot(グローバル データ保護インデックス2020年スナップショット)」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
デル テクノロジーズは3月13日、世界のデータ保護に関する最新調査「Global Data Protection Index 2020 Snapshot(グローバル データ保護インデックス2020年スナップショット)」の結果を発表した。同調査は2019年11月~12月、世界15カ国、14業種の従業員数250人以上の組織のIT意思決定者1,000人を対象に実施したもの。

調査結果によると、企業が管理しているデータ量は平均13.53PB(ペタバイト)であり、2018年(平均9.70PB)の約40%増、2016年(1.45PB)と比較すると831%増加している。大部分の企業が、過去1年の間に何らかの障害インシデントを経験(2018年は76%、2019年は82%)しており、68%の回答者が今後1年間に新たな障害インシデントが発生すると懸念している。

複数のデータ保護ベンダを利用している企業は39%存在し、ベンダの数だけインシデントに対する脆弱性が増加すると指摘している。障害にともなう損失額も急増しており、2018年は平均526,845ドルであったのに対し2019年は平均810,018ドルとなった。データ損失額では2018年の995,613ドルから2019年は1,013,075ドルに増加した。また、回答者の81%が現在のデータ保護ソリューションでは将来的な課題に対応できないとしており、もっとも高い課題は「サイバー攻撃後のデータ復旧」(69%)であった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  10. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

ランキングをもっと見る