Microsoft SMBv3におけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2020.07.04(土)

Microsoft SMBv3におけるリモートコード実行の脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、「Microsoft SMBv3におけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2020-0796)についての検証レポート」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
本脆弱性を悪用した攻撃の例
本脆弱性を悪用した攻撃の例 全 3 枚 拡大写真
NTTデータ先端技術株式会社は3月19日、「Microsoft SMBv3におけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2020-0796)についての検証レポート」を公開した。この脆弱性は、3月12日にMicrosoftにより公表されたもの。同社の上原渓一郎氏、松本拓也氏、鈴木涼太氏が報告している。

本脆弱性は、ファイル共有やプリンタ共有等に利用される通信プロトコル「Microsoft SMB」において、SMBv3プロトコル通信の処理中に、通信の圧縮データが適切に処理されないことに起因するもの。この脆弱性が悪用された場合、リモートの攻撃者が任意のコードを実行できる可能性がある。

同社はこの脆弱性の再現性について検証を行った。検証は、Windows 10 Pro 64bit Version 1909上のMicrosoft Server Message Block 3.1.1をターゲットシステムとして実施した。まず、同脆弱性が存在するWindows上で、SMBプロトコル通信を受け付ける445番ポートが開放されていることを確認。次に、ヘッダ内に不正なオフセットを含むリクエストを攻撃対象マシンに対して送信。攻撃対象マシン上でバッファオーバーフローを発生させ、OSのクラッシュを試みた。

その結果、攻撃対象のWindowsマシンに対して攻撃者サーバから細工したリクエストを送信することで、Windowsマシン上でバッファオーバーフローを発生させ、ブルースクリーンを表示させることができた。これを応用することで、攻撃対象マシン上でリモートから任意のコードが実行される可能性がある。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  4. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ  (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

    ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

    クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

  10. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

ランキングをもっと見る