海外子会社従業員のアカウント情報窃取、迷惑メール440件送信(トクヤマ) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

海外子会社従業員のアカウント情報窃取、迷惑メール440件送信(トクヤマ)

多結晶シリコンや化成品を製造する株式会社トクヤマは3月19日、同社の海外子会社従業員のメールアカウントから迷惑メールの送信が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
多結晶シリコンや化成品を製造する株式会社トクヤマは3月19日、同社の海外子会社従業員のメールアカウントから迷惑メールの送信が判明したと発表した。

これは同社の海外子会社Tokuyama Asia Pacific Pte. Ltd.にて、従業員のアカウント情報が窃取され、社外からの不正アクセスで当該従業員のメールアカウントから約440件の迷惑メールが送信されたというもの。

同社では現在、調査を進めているが、現時点での二次被害は確認されていない。

同社では今後、アカウントやパスワードの適切な管理について周知徹底し、グループ全社で再発防止に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  10. 日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

    日本国内のサイバー犯罪被害者数は年間2,460万人、2019年調査(ノートンライフロック)

ランキングをもっと見る