「ステップスポーツオンラインショップ」に不正アクセス、63名分のカード情報流出(ステップ) | ScanNetSecurity
2020.07.04(土)

「ステップスポーツオンラインショップ」に不正アクセス、63名分のカード情報流出(ステップ)

株式会社ステップは3月24日、同社が運営する「ステップスポーツオンラインショップ」にて第三者からの不正アクセスによるクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
株式会社ステップは3月24日、同社が運営する「ステップスポーツオンラインショップ」にて第三者からの不正アクセスによるクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

これは2019年12月3日に、同社委託のシステム会社から「ステップスポーツオンラインショップ」を利用した顧客のクレジットカード情報の流出懸念について連絡があり、同日中にカード決済を停止、同時に第三者調査機関による調査を行ったところ、2020年1月8日に完了した調査結果より、同サイトのシステムの一部脆弱性を突いたことによる第三者の不正アクセスでペイメントアプリケーションが改ざんされ、顧客のカード情報流出と一部のカード情報の不正利用の可能性を確認したというもの。

流出した可能性があるのは、2019年11月29日から2019年12月3日の期間に「ステップスポーツオンラインショップ」でカード決済を行った顧客63名のカード情報(名義、番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では対象の顧客に対し、別途書状にて個別に連絡を行う予定。

同社では既にカード会社と連携し、流出した可能性のあるカードによる取引のモニタリングを継続して実施し不正利用の防止に努めているが、顧客に対してもカードの利用明細に身に覚えの無い請求項目が無いか確認するよう呼びかけている。

同社では1月21日に、所轄警察である住吉警察署に被害申告を、1月31日に監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行っている。

同社では今後、調査結果を踏まえてシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い、再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  4. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ  (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

    ScanNetSecurity BASIC MEMBERS 会員限定記事 ログインパスワード発行 URL のおしらせ (対象:2015 年7 月 15 日 より前に無料メルマガ「Scan BASIC」の読者であったみなさま)

  7. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  8. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  9. クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

    クラウド侵害の半数近くがホストアプリを経由(日本IBM)

  10. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

ランキングをもっと見る