脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、連絡不能案件として5つのソフトウェアについて脆弱性情報を「JVN」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月24日、連絡不能案件として5つのソフトウェアについて脆弱性情報を「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。いずれも連絡の応答がなく調整不能であり、脆弱性の存在が認められると判断できること、脆弱性情報を知り得ないユーザがいることなどの条件を満たしたため、公表されたもの。

公表されたソフトウェアおよびその概要は次の通り。

製品名およびバージョン:掲示板 積木 v1.15
開発者:Mash room - Free CGI -
脆弱性:OSコマンドインジェクション(CVE-2020-5561)
CVSS v3 Base Score:7.3

ソフトウエア製品名およびバージョン:WL-Enq 1.11
開発者:WonderLink
脆弱性:OSコマンドインジェクション(CVE-2020-5560)
    クロスサイトスクリプティング(CVE-2020-5559)
CVSS v3 最大Base Score:8.8

ソフトウエア製品名およびバージョン:Cute News 2.0.1
開発者:CutePHP.com
脆弱性:任意のPHPコード実行(CVE-2020-5558)
    クロスサイトスクリプティング(CVE-2020-5557)
CVSS v3 最大Base Score:6.3

ソフトウエア製品名およびバージョン:私本管理 Plus GOOUT Ver1.5.8 および Ver2.2.10
開発者:EKAKIN
脆弱性:OSコマンドインジェクション(CVE-2020-5556)
    ディレクトリトラバーサル(CVE-2020-5554)
    任意のファイルを操作される脆弱性(CVE-2020-5555)
CVSS v3 最大Base Score:7.3

ソフトウエア製品名およびバージョン:メールフォーム 1.04
開発者:携帯サイトnet
脆弱性:任意のPHPコード実行(CVE-2020-5553)
    クロスサイトスクリプティング(CVE-2020-5552)
CVSS v3 最大Base Score:7.3

JVNでは、これらの製品は製品開発者と連絡が取れないため、脆弱性の対策状況は不明であり、使用中止を検討するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop