誤送信で薬局のFAX番号約4,000件再確認(大阪府) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

誤送信で薬局のFAX番号約4,000件再確認(大阪府)

大阪府は5月12日、薬局機能情報に掲載されたFAX番号に誤りがあり処方箋の誤送信が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
大阪府は5月12日、薬局機能情報に掲載されたFAX番号に誤りがあり処方箋の誤送信が発生したと発表した。

これは大阪府健康医療部生活衛生室薬務課が薬局の所在地、電話番号、FAX番号等の情報を検索できるようWebで公表している薬局機能情報にて、掲載された薬局AのFAX番号に誤りがあり、医療機関Bから薬局AにFAX送信した府民Cの処方箋が、府民Dに誤送信されたというもの。4月28日に医療機関Bから薬局AのFAX番号に誤りがあると指摘があり判明した。

流出したのは府民Cの処方箋情報。

同課では4月28日に、薬局Aに経緯を説明し謝罪、FAX番号を確認した上で薬局機能情報を修正、また府民D氏にも経緯を説明の上で謝罪、4月30日には医療機関Bに経緯を説明の上で謝罪を行った。

ScanNetSecurityの取材に対し同課の担当者は「薬局機能情報は基本的に大阪府内の全薬局が書面で届け出をすることになっており、現時点で約4,200件が登録されている。2013年10月に該当の薬局Aから報告された情報を職員がシステムに入力したが、古い情報になるため、職員が入力時にFAX番号を誤って入力したのか、もともとの申請書類のFAX番号に誤りがあったかまでは確認出来ていない。今までFAX番号に限らず電話番号についても、こういった誤りの事例は報告されていない。再発防止策にも盛り込んだが、今後はFAX番号を薬局に確認して貰うようにする」と述べた。

同課では5月2日に薬局機能情報の全数について確認を終了した。

同課では今後、薬局機能情報を入力する際に、FAX番号等を複数の職員で確認するとともに、薬局機能情報掲載前の薬局への確認や定期的に薬局に掲載情報の確認を実施する等の再発防止に取り組むとのこと。

《高杉 世界( Sekai Takasugi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  2. セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

    セキュリティ診断の「切り込み隊長」、イエラエセキュリティが拓くフォレンジックの先にある地平

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  5. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  6. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  7. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  8. IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

    IoTと5Gのセキュリティ対策進捗状況(総務省)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

ランキングをもっと見る