不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、Amazonを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
確認されたフィッシングメール
確認されたフィッシングメール 全 2 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は5月29日、Amazonを騙るフィッシングの報告を受けているとして、注意喚起を発表した。確認されたフィッシングメールの件名は次の通り。

不正アクセスの疑い
アカウント認証を行ってください
アカウントのセキュリティ

メールの文面は、異常なログインにより配送先住所が変更されたとして、パスワードと変更を無効にしたとする内容で、アカウントを再度有効化するためにリンクをクリックさせようとする。

確認されたリンク先URLは次の通り。なお、パスやパラメータがついたURLも確
認されている。また、これ以外のドメイン名が使われている可能性もある。

・メール内の URL
https://●●●●.click/
https://www.●●●●.com/
http://●●●●.com/

・転送先の URL
https://amazon.co.jp.gb.signin.id-●●●●.●●●●.link/amazon/
https://amazon.co.jp.gb.signin.id-●●●●.●●●●.com/amazon/

5月29日16時現在、フィッシングサイトは稼働中であり、同協議会ではJPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼している。また、類似のフィッシングサイトが公開される恐れもあるとして注意を呼びかけている。さらに、このようなフィッシングサイトにてログイン情報 (E メールまたは携帯電話番号、パスワード)、 住所 (国/地域、氏名、生年月日、郵便番号、都道府県、住所、会社名、電話番号)、お支払い情報 (カード名義人、カード番号、有効期限、セキュリティコード)、本人確認パスワード等を絶対に入力しないよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る