フィッシングは増加傾向、スマホのみを狙うケースも確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

フィッシングは増加傾向、スマホのみを狙うケースも確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は、2020年6月の「フィッシング報告状況」を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシング報告件数
フィッシング報告件数 全 3 枚 拡大写真
フィッシング対策協議会は7月2日、2020年6月の「フィッシング報告状況」を発表した。これによると、6月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)は16,811件で、前月の14,245件から2,566件の増加となった。同月のフィッシングサイトのURL件数(重複無し)は、前月より1,429件増加の5,481件となっている。

フィッシングに悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より4件増加し58件。引き続きAmazon、Apple、LINE、楽天を騙るフィッシングメールが繰り返し大量に配信されており、これら上位の4ブランドだけで報告数全体の約88%を占めた。特にAmazonを騙るフィッシングの報告は全体の約56%を占めている。

宅配業者の不在通知を装ったショートメッセージ (SMS) の報告が増えているほか、スマートフォン利用者に Chrome ブラウザのアップデートと誤認させて不正なアプリ(遠隔操作マルウエア等)をインストールさせたり、金融機関等を騙るフィッシングサイトへ誘導するケースが確認されている。スマートフォンでアクセスした場合のみフィッシングサイトを表示するフィッシングも確認されている。

URLでは、SNSの短縮 URL 機能やマーケティングキャンペーン用に生成された URL からフィッシングサイトへ誘導するタイプの報告が続いている。この手法は不正なリンクとして検出することが難しく、URLフィルタをすり抜ける可能性があり、注意が必要としている。また、大量に取得したランダムな文字列の独自ドメインに、正規サイトのドメイン名を追加した URL が増えており、スマートフォン等で表示した際には正規サイトの URL であると誤認しやすくなっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る