ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM) | ScanNetSecurity
2021.08.04(水)

ダイムラーがセキュリティ機能としてIBMパブリッククラウド採用(IBM)

ダイムラーはIBMとの契約を拡大し、インテリジェント・クラウド・ソリューションを導入、同社のグローバル・アフターセールス・ポータル機能をIBMパブリッククラウドに移行するとIBMが7月1日発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ダイムラーはIBMとの契約を拡大し、インテリジェント・クラウド・ソリューションを導入、同社のグローバル・アフターセールス・ポータル機能をIBMパブリッククラウドに移行するとIBMが7月1日発表した。

ダイムラー社のグローバル・アフターセールス・ポータルとは、ダイムラーの小売部門の販売プロセスをサポートするシステム。IBMパブリッククラウドの利用でスケーラビリティと迅速性を確保する。同時にそのデータはIBMのパブリック・クラウドに転送・保存され、IBM Hyper Protect Servicesなどの包括的なセキュリティ機能によって保護され、ドイツの自動車メーカーダイムラーの機密データ保護に関する厳しい要件に対応するという。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. イエラエセキュリティ牧田誠が作った「エンジニアの楽園」、創業10 年でかなえた夢 10 年後にかなえた夢

    イエラエセキュリティ牧田誠が作った「エンジニアの楽園」、創業10 年でかなえた夢 10 年後にかなえた夢PR

  2. CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢

    CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢PR

  3. アンチ・シリコンジャーナリズム それってデータの裏付けあるの? 前編「存在しない『炎上』の作り方」

    アンチ・シリコンジャーナリズム それってデータの裏付けあるの? 前編「存在しない『炎上』の作り方」

  4. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  5. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  6. 個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

    個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

  7. ランサムウェアの身代金 払うべきか払わざるべきか、迷路の出口を考える重要ポイント

    ランサムウェアの身代金 払うべきか払わざるべきか、迷路の出口を考える重要ポイントPR

  8. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  9. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  10. 最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性

    最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性

ランキングをもっと見る