「インシデント分析」と「アノマリー検知」を組み合わせAIが危険をスコアリング(サイバーフォートレス) | ScanNetSecurity
2020.08.03(月)

「インシデント分析」と「アノマリー検知」を組み合わせAIが危険をスコアリング(サイバーフォートレス)

株式会社サイバーフォートレスは7月9日、他社のSIEM製品とも連携可能なセキュリティ特化型AI「SPIDER TM AI Edition」を発売したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インシデント分析とアノマリー検知
インシデント分析とアノマリー検知 全 1 枚 拡大写真
株式会社サイバーフォートレスは7月9日、他社のSIEM製品とも連携可能なセキュリティ特化型AI「SPIDER TM AI Edition」を発売したと発表した。

セキュリティ対策では、多様なデータから事象を分析しセキュリティ脅威を早期に発見し対処することで、業務への影響や被害を最小限に食い止めることが重要であるが、現在は多様なセキュリティ機器から一定ルールに基づいて様々なアラートが日々、膨大に発生しており、その中には正常な動きをアラートとして誤検知することも多くある。同社の調査によると、監視者が確認したアラートイベントのうち37%は誤検知で、本来は不要なアラートに対する調査が発生するために危険度の高いアラートの対処までに時間を要することがあった。

「SPIDER TM AI Edition」では、アラートの危険度を2つの方法を組み合わせAIがスコアリング、危険度の高いアラートから対応が可能となり、対処すべき危険なアラートへの対応スピードを上げるとともに、アラートの危険度を自動判定するため業務負荷の軽減やセキュリティ技術者の能力差によるアラート分析と対応偏差を解消できる。

同製品では、同社SIEM製品「SPIDER TM」の運用中で確認したセキュリティイベントデータを収集、学習し、発生する様々なイベントを漏れなくリアルタイムに分析し危険度を分類する「インシデント分析」と、日々のふるまいで通常時と違う動きを検知しサイバー攻撃の特徴である変則活動や異常行動を検知し未知の脅威に対応する「アノマリー検知」を組み合わせAIがスコアリング。また、同社のSIEM製品「SPIDER TM」に限らず、Splunkなどの他社開発のSIEM製品等にアドオンすることも可能。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  2. 初心者向けにサイバーセキュリティ・リレー講座 全8回を実施(経済産業省四国経済産業局)

    初心者向けにサイバーセキュリティ・リレー講座 全8回を実施(経済産業省四国経済産業局)

  3. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  4. 再委託先が設定ミス「中小企業等支援策活用サポートセンター」相談者情報が閲覧可能に(京都市)

    再委託先が設定ミス「中小企業等支援策活用サポートセンター」相談者情報が閲覧可能に(京都市)

  5. 攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA)

    攻撃活動が再開した「Emotet」の観測状況を公開(IPA)

  6. 初級者向けログ分析トレーニング用コンテンツをGitHub上で公開(JPCERT/CC)

    初級者向けログ分析トレーニング用コンテンツをGitHub上で公開(JPCERT/CC)

  7. 増加するランサムウェア攻撃、世界中の事例を紹介(CrowdStrike)

    増加するランサムウェア攻撃、世界中の事例を紹介(CrowdStrike)PR

  8. ハードディスク処分、テクニカルセンター内映像をYouTube公開(ブロードリンク)

    ハードディスク処分、テクニカルセンター内映像をYouTube公開(ブロードリンク)

  9. 破産者等の個人情報掲載サイトに停止命令、対応なき場合 罰則求める刑事告発予定(個人情報保護委員会)

    破産者等の個人情報掲載サイトに停止命令、対応なき場合 罰則求める刑事告発予定(個人情報保護委員会)

  10. 「ショップチャンネル」にパスワードリスト型攻撃、定常的なモニタリングで発覚(ジュピターショップチャンネル)

    「ショップチャンネル」にパスワードリスト型攻撃、定常的なモニタリングで発覚(ジュピターショップチャンネル)

ランキングをもっと見る