BMW 他 3 車種対象、スマートフォンキーシステムのセキュリティ評価レポート(SBDジャパン) | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

BMW 他 3 車種対象、スマートフォンキーシステムのセキュリティ評価レポート(SBDジャパン)

イギリスに本社があり自動車産業系技術コンサルティングを行う株式会社SBDジャパンは7月1日、「スマートフォンキーシステムの評価シリーズ 2020」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2020年の評価対象車種
2020年の評価対象車種 全 1 枚 拡大写真
イギリスに本社があり自動車産業系技術コンサルティングを行う株式会社SBDジャパンは7月1日、「スマートフォンキーシステムの評価シリーズ 2020」を発表した。

スマートフォンキーはスマートフォンアプリを使用して車両のアンロック、ロック、およびスタートを行うもので、初期システムではSMSプロトコルを用いてコマンドをオフボードオペレーションセンター経由で車両に送信していたが、最新システムではBLE(Bluetooth Low Energy)またはNFC(近距離無線通信)を介して直接車両と通信を行っている。現在、市販されている大半のシステムでは、個人で車両キーの共有が可能で、車両オーナーは特定の本数のバーチャルキーを必要に応じて共有したり削除することができる。

BLEスマートフォンキーシステムは通信範囲が通常100m超と、NFCシステムの最大10cmと比べて非常に大きく、ユーザーが車両に近づく、またはユーザーが車両に設置されたセンサを作動させることでアンロック認証が実行され、ユーザーはスマートフォンを取り出さなくても車のロックを解除できるが、NFCシステムと比較するとセキュリティ上の懸念点が存在する。

NFCシステムでは、通信範囲が10センチ未満に制限されているため、スマートフォンまたはカードをNFCリーダーに近づけ保持することで通信を行う。ユーザーはスマートフォンやカードを取り出す必要があり、現行のスマートキーやBLEシステムに比べ利便性が低いと見なされることがある。

今回、発表された同レポートでは、3月発売の「BMW X5 キー共有機能付きNFCシステム」と6月発売の「Roewe ERX5 BLEシステム」、「Weltmeister EX5 BLEシステム」の3車種について、スマートフォンキーの登録プロセスと機能に加えスマートフォンと車両間の通信とキー共有機能のセキュリティ性の評価を行っている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢

    CrowdStrike 年次レポート公開 ~ サイバー攻撃は毒か薬か、驚愕の早さ ベトナムの中国への COVID-19 諜報攻勢PR

  2. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  3. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  4. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  5. 個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

    個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

  6. アンチ・シリコンジャーナリズム それってデータの裏付けあるの? 前編「存在しない『炎上』の作り方」

    アンチ・シリコンジャーナリズム それってデータの裏付けあるの? 前編「存在しない『炎上』の作り方」

  7. ランサムウェアの身代金 払うべきか払わざるべきか、迷路の出口を考える重要ポイント

    ランサムウェアの身代金 払うべきか払わざるべきか、迷路の出口を考える重要ポイントPR

  8. 最後の経済フロンティア ~ アフリカのサイバー攻撃、ESETが3つの事例分析

    最後の経済フロンティア ~ アフリカのサイバー攻撃、ESETが3つの事例分析

  9. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  10. 最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性

    最新医療系 IT システムのセキュリティを「生体検査」、見えてきた脆弱性

ランキングをもっと見る