セキュリティ世界市場予測、コロナ禍による鈍化も2023年V字回復(グローバルインフォメーション) | ScanNetSecurity
2020.09.20(日)

セキュリティ世界市場予測、コロナ禍による鈍化も2023年V字回復(グローバルインフォメーション)

株式会社グローバルインフォメーションは8月3日、市場調査レポート「サイバーセキュリティの世界市場-COVID-19による成長と変化:2020年~2030年」(The Business Research Company)の販売を同日より開始したと発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
株式会社グローバルインフォメーションは8月3日、市場調査レポート「サイバーセキュリティの世界市場-COVID-19による成長と変化:2020年~2030年」(The Business Research Company)の販売を同日より開始したと発表した。

同レポートは、世界のサイバーセキュリティ市場について調査分析し、市場概要、市場規模と予測、セグメント別の市場分析、地域別の市場分析、競合情勢などについて、体系的な情報を提供。

サイバーセキュリティ市場はソフトウェアと関連サービスの販売で構成され、同市場をネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、情報セキュリティ、運用セキュリティなどに分類、その市場規模は、2019年の1,494億6,000万米ドルから2020年には1,522億1,000万米ドルへ、CAGR1.83%で成長すると予測、成長の鈍化は、主にCOVID-19の発生による、ソーシャルディスタンス、リモートワーク、産業・商業活動の閉鎖など、封鎖対策で減収を招いていることが原因としている。しかしその後、2023年には2,082億8,000万米ドルにV字回復し、CAGR11.02%で成長すると予想している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  6. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  7. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  8. 不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    不正なログインによりパスワードを無効化したとするAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  9. Active Directoryの認証コンポーネントに、管理者権限を窃取される脆弱性(JVN)

    Active Directoryの認証コンポーネントに、管理者権限を窃取される脆弱性(JVN)

  10. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

ランキングをもっと見る