「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開(CSAJ) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開(CSAJ)

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は9月3日、Software ISACで実施した「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は9月3日、Software ISACで実施した「OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準4.0」の日本語邦訳文書を公開した。

OWASPアプリケーションセキュリティ検証標準は、アーキテクト、開発者、テスター、セキュリティ専門家、ツールベンダ、アプリケーション利用者を対象に、最新のWebアプリケーションおよびWebサービスを設計、開発、テストする際に必要となる、機能的および非機能的なセキュリティ対策の定義に焦点を当て、セキュリティ要件や対策の枠組みを確立するためのドキュメント。OWASPの長年にわたる取り組みと同基準を利用する業界からのフィードバックの集大成で、安全なソフトウェア開発のライフサイクルを通し、さまざまなユースケースに採用できるようになっている。

Software ISACでは今後、同基準の日本語邦訳文書を活用し、会員企業向けには「Webアプリケーションの検証方法の勉強会」や「セキュア開発方法の勉強会」などを提供し、またセキュリティベンダー向けに「Webアプリケーションの検証プログラムを提供」するためのメニュー化を推進、ユーザー企業向けには「Webアプリケーション開発の検収条件としていくための啓発活動」や「脆弱性対応に要するコスト理解の促進」などの活動に繋げていくことを検討している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る