社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

飛騨高山の食品を扱う山一商事株式会社は9月2日、同社内のパソコンがウイルスに感染し、同社を装ったなりすましメールが確認されたと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
飛騨高山の食品を扱う山一商事株式会社は9月2日、同社内のパソコンがウイルスに感染し、同社を装ったなりすましメールが確認されたと発表した。

これは同社内のパソコンがEmotetと推測されるウイルスに感染し、当該パソコンに保存されていた過去のメール送受信履歴が流出し、履歴に含まれるメールアドレスに対し同社社員を騙る不審メールが送付され同社社内及び取引先で確認されたというもの。

同社では不審メールの共通点として以下を挙げている。

・差出人の名前とアドレスが全く違う
・転送・返信メールでありながらタイトルに「Fwd:」や「Re:」はなく、元の文書と本文の間に入る横線が無い
・メールタイトルがそのまま本文になっているケースがある。
・転送文の前に、アカウント名とメールアドレスが簡単な署名として添えられている
・日時とファイル名、PWや差出人名のみが記載されている
・Word、Excelの怪しい添付ファイルがあり、ファイル名はアルファベットの羅列となっている。
・本文に外部サイトへ誘導するリンクが貼ってあるケースもある

同社では、身に覚えのないメールの添付ファイルの開封は行わず、本文中のURLをクリックしないよう注意を呼びかけている。

同社では現在も調査を行っているが、今後は個人情報の管理強化・徹底に努め、信頼回復に全力を尽くすとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る