ウイルスバスター クラウド(Windows版)のActive Update機能に複数の脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

ウイルスバスター クラウド(Windows版)のActive Update機能に複数の脆弱性(JVN)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月23日、ウイルスバスター クラウド(Windows版)に実装されたActive Update機能における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月23日、ウイルスバスター クラウド(Windows版)に実装されたActive Update機能における複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。株式会社イエラエセキュリティ 三村聡志氏が報告を行った。影響を受けるシステムは以下の通り。

ウイルスバスター クラウド(Windows版)バージョン15 およびそれ以前

JVNによると、トレンドマイクロ株式会社が提供するウイルスバスター クラウド(Windows版)に実装されたActive Update機能には、アップデートファイルの検証不備(CVE-2020-15604)の脆弱性とアップデートサーバとの間の通信におけるサーバ証明書の検証不備(CVE-2020-24560)の脆弱性が存在し、CVE-2020-15604 および CVE-2020-24560の CVSS評価では、無線LANのアクセスポイントを設置した第三者によって中間者攻撃(man-in-the-middle attack)が行われることを想定している。

想定される影響としては、細工されたアップデートファイルをダウンロードすることで、SYSTEM権限で任意のコードを実行される可能性がある。

JVNでは開発者が提供する情報をもとに、該当する製品を最新版にアップデートするよう呼びかけている。また、開発者によるとウイルスバスター クラウド(Windows版)のバージョン16以降では本脆弱性の対策が行われているとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る