シェアナンバーワンのエンドポイントセキュリティ企業が考える「ニューノーマル時代のセキュリティ対策」 - サイバーリーズン・ジャパン株式会社 菊川 悠一 氏 | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

シェアナンバーワンのエンドポイントセキュリティ企業が考える「ニューノーマル時代のセキュリティ対策」 - サイバーリーズン・ジャパン株式会社 菊川 悠一 氏

ネットワーク側でアクセス制御をどれだけ行っても、正規の通信で攻撃活動が行われればターゲットに到達してしまいます。そこで重要になるエンドポイント製品について、ネットワークの経験を活かして伝えたいと思っています。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
サイバーリーズン・ジャパン株式会社 マーケティング本部・プロダクトマーケティングマネージャー 菊川 悠一 氏
サイバーリーズン・ジャパン株式会社 マーケティング本部・プロダクトマーケティングマネージャー 菊川 悠一 氏 全 1 枚 拡大写真
 10月7日水曜日から3日間にわたって開催される Security Days Fall 2020 は、東京駅至近のJPタワーホール&カンファレンスの4階で開催され、一部の講演はオンラインによるライブ配信が行われる。

 最終日10月9日金曜日の基調講演として、サイバーリーズン・ジャパン株式会社からプロダクトマーケティングマネージャーの菊川 悠一氏が登壇し「最新の攻撃から浮かび上がるニューノーマル時代に不可欠なセキュリテイ戦略」と題されたセッションが行われる。その見どころやメッセージについて菊川氏に話を聞いた。


――はじめにサイバーリーズン・ジャパン株式会社の事業概要とサービスポートフォリオを教えて下さい。

 サイバーリーズン・ジャパン株式会社は、NGAV(次世代アンチウイルス)で感染予防を行い、もし侵入を許してしまった場合はEDRで状況を把握し被害を最小限にとどめ、あわせて自社SOCによるマネージドサービスで運用負荷を軽減する、エンドポイントに特化したセキュリティサービスを提供しています。

 近年、従来製品では止められない巧妙な攻撃が増加しており、特にEDR製品に非常に多く引き合いをいただいています。

 当社は2016年4月から日本でビジネス展開を開始、年々倍々で成長し、NGAVやEDRなどのエンドポイントセキュリティ製品市場で、複数の調査会社から日本国内でシェアナンバーワンの評価をいただいています。

――サイバーリーズン製品が日本市場でシェアナンバーワンになった秘訣はどこにあるのでしょう。

 標的型攻撃やAPTでは、個々の攻撃を検知してアラートを上げることはできても、本質的な対策に有効となる全体像をつかむことは容易ではありません。サイバーリーズンは、視覚的にわかりやすいインターフェイスで、標的型攻撃の全体像を把握し、どんな対処を行えばよいか考えることができます。この、攻撃の全体像を可視化できる点にサイバーリーズン製品の最大の優位性があると考えています。

――サイバーリーズン製品は完璧な日本語ローカライズや、日本市場の要望に応えた機能追加に定評があると聞いています。

 iOSとAndroidなどのモバイルデバイスで発生する脅威を検知する「Cybereason Mobile」など、2020年だけでも、日本市場からの要望に応えて、16件の新しい機能追加が行われています。

――菊川さんはネットワークジャンルの経験をお持ちのようですね。

 無線・有線LANなど、長くネットワークセキュリティの世界で経験を積みました。攻撃者はネットワークの知識を駆使して、それをすり抜ける攻撃をしかけてきます。ですから、たとえネットワーク側でアクセス制御をどれだけ行っても、正規の通信で攻撃活動が行われればターゲットに到達してしまいます。そこで重要になるエンドポイント製品について、ネットワークの経験を活かして伝えたいと思っています。

――今回の菊川さんの講演のテーマは「ニューノーマル時代に不可欠なセキュリテイ戦略」ですが、ニューノーマルでいったい何が変わったのでしょう。

 社内で仕事をしていたとき、これまでエンドポイントは、ファイアウォールやプロキシで守られていました。しかし、テレワークになって社外で仕事をすることで、端末が無防備になり、セキュリティ強化が求められています。

 今年の1~2月には、コロナウィルス題材にしたフィッシングメールが観測されました。また、Emotetという、これ自身は新しくないマルウェアが、新しい題材を使ってまた蔓延しています。

 講演では、ニューノーマル時代にセキュリティ環境がどう変化するのか、Emotet、サプライチェーン攻撃、SNAKEランサムウェアなど、具体的な脅威を挙げながら、いったい何が起こっているのか、そしてそれに対してどのような侵入対策をとったらいいのかについてお話します。

――どんな人に講演を聞いて欲しいですか。

 情報システム部門やセキュリティ担当者の方で、状況の変化に悩んでいる方にお聞きいただきたいと思います。日頃の運用で苦労されている方には、必ず何かヒントがあるお話になると思います。エンドポイントセキュリティベンダの中でも、NGAVとEDRとSOCの3つを持っているのはサイバーリーズンだけです。我々にしかできない解決方法をご提案します。

――ありがとうございました。


●最新の攻撃から浮かび上がるニューノーマル時代に不可欠なセキュリテイ戦略
10月9日(金)10:25-11:05 AM
https://f2ff.jp/introduction/4028?event_id=secd-2020-02-tokyo
サイバーリーズン・ジャパン(株)
マーケティング本部・プロダクトマーケティングマネージャー
菊川 悠一 氏

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る