沖縄で脆弱性診断員を養成、GSXがセキュアイノベーションの第三者割当増資引受 | ScanNetSecurity
2021.05.13(木)

沖縄で脆弱性診断員を養成、GSXがセキュアイノベーションの第三者割当増資引受

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は10月16日、沖縄で事業展開する株式会社セキュアイノベーションの第三者割当増資を引受けることで資本業務提携をしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
脆弱性診断員養成カリキュラム(内製化支援)Webアプリケーション診断及びプラットフォーム診断カリキュラム一覧
脆弱性診断員養成カリキュラム(内製化支援)Webアプリケーション診断及びプラットフォーム診断カリキュラム一覧 全 1 枚 拡大写真
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は10月16日、沖縄で事業展開する株式会社セキュアイノベーションの第三者割当増資を引受けることで資本業務提携をしたと発表した。

GSXでは1997年から、脆弱性診断サービス(タイガーチームサービス)を提供しているが、同様にセキュアイノベーション社でもWebアプリケーション及びITプラットフォーム、IoT機器等の脆弱性を調査する「セキュリティ診断事業」を展開、両社では脆弱性トレンドをはじめ外部脅威状況の蓄積されたデータや診断ノウハウなどを数多く保有している。

GSXとセキュアイノベーションの資本業務提携で両社の連携をより強固にすることで、安定的な人材リソース(脆弱性診断員)を確保し、コロナ禍によるEC市場の拡大に伴う脆弱性診断需要の増加に対応する。

GSXとセキュアイノベーションは既に、沖縄において脆弱性診断員養成カリキュラム(内製化支援)を着手しており、沖縄のセキュリティ人材育成と雇用を創出し、沖縄の脆弱性診断需要に応えるだけでなく、日本全国からの脆弱性診断需要に応えられるエコシステムを形成し、地方創生への貢献を目指す。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  3. NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

    NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

  4. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  5. もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催

    もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催PR

  6. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

  7. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

  8. 製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

    製品の使用停止呼びかけ、バッファロー製の複数のネットワーク機器においてデバッグ機能を有効化される問題

  9. 岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

    岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

  10. LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

    LogStareのSOCの窓 第一回「錠前を購入したが施錠せず」

ランキングをもっと見る