イエラエが大阪オフィス開設、人材採用の拠点としても活用 | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

イエラエが大阪オフィス開設、人材採用の拠点としても活用

株式会社イエラエセキュリティがビジネス拡大に伴い大阪市北区に大阪オフィスを10月に開設した。東京、札幌、沖縄、福岡に次いで5番目の拠点となる。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社イエラエセキュリティがビジネス拡大に伴い大阪市北区に大阪オフィスを10月に開設した。東京、札幌、沖縄、福岡に次いで5番目の拠点となる。

高品質なペネトレーションテストや脆弱性診断で知られてきた同社だが、本年4月にはフォレンジック調査サービスを新たに開始したほか、秋にはクラウドサービスユーザー向けの「新種マルウェア対策支援サービス」「3大クラウドセキュリティ一元管理サービス」を矢継ぎ早にサービスインし、ペネトレーションテスト等で培った攻撃力を、逆に防御力に転じることで、事業領域と規模拡大を目指している。

イエラエセキュリティの地方拠点の大きな目的は、営業拠点ではなく、優秀な人材の採用にある(インシデントレスポンスの迅速化などの目的も有り)。現在同社の従業員は正社員70名。フォレンジック調査サービスを開始した4月以降20名増えた。

イエラエセキュリティの沖縄拠点出身である安里悠矢氏は12月12日、「セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2020」で「ペネトレーションテスト入門」と題した2時間30分のヘビーなハンズオントレーニングに講師として登壇する。

地方の優秀な人材を引き抜いて、東京で業務を行わせる方法を同社は必ずしもとらず、優秀な人材を見つけるとそこにオフィスを開設、業務とともに研究活動・コミュニティ活動を自由にやらせることで、地縁によって、その地の優秀な技術者を呼び寄せるのがイエラエのやり方だ。優秀な技術者がいればオフィスが東京から出張してやってくる。ユニークな採用戦略である。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  2. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  3. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  4. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

    病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

  7. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  10. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

ランキングをもっと見る