個人情報保護委員会の上半期の活動を取りまとめ、漏えい報告件数は481件 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

個人情報保護委員会の上半期の活動を取りまとめ、漏えい報告件数は481件

個人情報保護委員会は11月27日、令和2年度上半期(4月1日から9月30日)における主な活動実績について取りまとめ発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
個人情報保護委員会は11月27日、令和2年度上半期(4月1日から9月30日)における主な活動実績について取りまとめ発表した。

同会によると上半期は個人情報保護法に関する事務として、「個人情報の保護に関する法律等の一部を改正する法律」や「官民を通じた個人情報の取扱いに係わる検討」を行っている。

個人情報保護法に関する相談受付では、事業者及び国民からの相談や苦情を受け付ける個人情報保護法相談ダイヤルを運用し、個人情報保護法の解釈等に関する問い合わせに回答し、国民からの苦情や事業者等における不適正な取扱い等に関する情報提供に対し必要に応じてあっせんや指導を行っている。その中には、個人データの第三者提供を停止して欲しいといった求めに応じない名簿業者に、同会があっせんを行った結果、事業者が停止に応じた事案もあった。

同会では、漏えい等事案に関する報告の受付等も行っており、上半期に直接報告された件数は481件であった。主な発生原因としては、書類及びメールの誤送付、書類及び電子媒体の紛失で、その他の発生原因としてはインターネットを経由した不正アクセス等であった。同会では、漏えい等事案の報告を受け、事実関係及び再発防止策の確認等を行い、必要に応じて指導を行っている。

また同会では、個人情報保護法に基づく命令等について、上半期に命令を2件、報告徴収を165件、指導・助言を79件行った。命令の内1件は、多数の破産者等の個人情報をWebサイトに違法に掲載していた事業者に対し、公示送達により同サイトを直ちに停止するよう行った。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る