クラウド上のフォルダアクセス権が付与されたメール誤送信、コロナ陽性者一覧が閲覧可能 | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

クラウド上のフォルダアクセス権が付与されたメール誤送信、コロナ陽性者一覧が閲覧可能

福岡県は1月6日、同県の新型コロナウイルス感染症対策本部(調整本部)で取り扱う新型コロナウイルス感染症陽性者の個人情報漏えいが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
福岡県は1月6日、同県の新型コロナウイルス感染症対策本部(調整本部)で取り扱う新型コロナウイルス感染症陽性者の個人情報漏えいが発生したと発表した。

これは2020年4月に、新型コロナ陽性者の入院調整のために調整本部が作成した陽性者のデータを医療関係者間にてクラウド上で共有を開始、11月30日に調整本部から医療関係者1名へ患者情報等が含まれるファイルが入ったフォルダのアクセス権が付与されたメールを送信した際に、本来送付すべきアドレスと酷似していた男性のアドレス宛に誤送信したというもの。同日中に、当該男性から宛先誤りの件、調整本部に連絡があり、即日、当該ファイルが含まれるフォルダに対し当該男性のアクセス制限対応を実施したが、個別のファイルへのアクセス制限がなされなかったため、ファイルのURLに直接アクセスすれば利用可能な状態が継続、2021年1月6日に一部報道機関からの取材により個人情報の漏えいが発覚した。

なお、クラウド上のデータは、調整本部から送られた特定のURL指定によりフォルダに直接アクセスするか、調整本部からアクセス権を付与された者しか利用できないようになっていた。

漏えいしたのは、福岡県内の新型コロナウイルス感染症陽性者に関する約9,500人分の氏名、居住地、年齢、性別、症状などが記載された患者一覧表。

調整本部によると現在、クラウド上にアップロードしているファイルについて全削除を実施し、全ての者が閲覧できない状態となっている。

調整本部では対象者に事実関係を案内するとともに謝罪を予定、また個々のファイルへのアクセス状況について調査を実施している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る