統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に | ScanNetSecurity
2021.01.21(木)

統合管理ソフト「AT-SESC」をバージョンアップ、接続端末の可視化と識別可能に

アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アライドテレシス株式会社は1月8日、AMF-SECurityコントローラー「AT-SESC」のソフトウェアをバージョンアップし「Ver.2.1.0」のダウンロードサービスを同日から開始すると発表した。

AMF Securityは、UTMやファイアウォールなどのアプリケーションとAMFを連携し利用者端末のアクセス制御や監視、管理を行いネットワーク全体のセキュリティを強化するソリューション。UTMやファイアウォール、エンドポイントセキュリティなどのセキュリティ関連アプリケーションや、人事管理やIT資産管理、入退室管理等のアプリケーションを、同社製のスイッチ・ルーター・無線LANアクセスポイントと連携することで、ネットワーク運用の効率化とセキュリティ強化を実現する。

同社によると今回のバージョンアップで、端末情報として管理していたMACアドレスとベンダー名の紐づけが可能となり、ネットワーク上で被疑端末としてAMF-SECurityに隔離された端末があった際に、端末のベンダー名が分かることで物理的な接続端末の特定が容易となり、被疑端末の特定や感染端末のネットワークからの排除までのプロセスが迅速に可能となる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る