国立情報学研究所、NII-SOCS の蓄積データを研究者向けに提供 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

国立情報学研究所、NII-SOCS の蓄積データを研究者向けに提供

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)のサイバーセキュリティ研究開発センターは1月13日、2017年度から運用開始した「情報セキュリティ運用連携サービス」で蓄積した研究用データの提供を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII)のサイバーセキュリティ研究開発センターは1月13日、2017年度から運用開始した「情報セキュリティ運用連携サービス」(NII Security Operation Collaboration Services: NII-SOCS)で蓄積した研究用データの提供を開始した。

NIIでは、大学間で連携しサイバーセキュリティ人材を養成すると同時に、攻撃検知・防御能力の研究成果を適宜適用し、国立大学法人等のサイバーセキュリティ基盤の質の向上を図るとともに、サイバーセキュリティ研究の推進環境と、全学術研究分野に対する安心・安全な教育研究環境を提供するための研究開発等を進めている。2016年度には、サイバー攻撃に対し国立大学法人等が迅速にインシデントやアクシデントに対応できる体制構築の支援を行うためにサイバーセキュリティ研究開発センターを設置、2017年度には情報セキュリティ運用連携サービス(NII Security Operation Collaboration Services: NII-SOCS)の運用開始した。

NIIでは今回、NII-SOCS参加機関に所属する研究グループ向けに以下の研究用データを提供する。

・統計化・匿名化処理を施したベンチマークデータ
IPアドレス、ポート番号(1024以上)を匿名化
各日ランダムに選んだ1時間分→00:00:00~にタイムスタンプ変更
統計データ(ペイロードは含まない)
KyotoData2016準拠

・バラマキ型の新種マルウェア情報
文書ファイル(MS-Office、PDF等)を除く
複数機関(5機関以上を想定)で観測したもの
NII-SOCSで初検知のもの

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る