クラウド型問い合わせ管理システムに設定不備、約1年間 第三者からのアクセスが可能に | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

クラウド型問い合わせ管理システムに設定不備、約1年間 第三者からのアクセスが可能に

freee株式会社は2月10日、社外のクラウド型お問い合わせ管理システムにて同社への問い合わせ受付内容の一部が第三者からアクセス可能な状態であったことを確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
freee株式会社は2月10日、社外のクラウド型お問い合わせ管理システムにて同社への問い合わせ受付内容の一部が第三者からアクセス可能な状態であったことを確認したと発表した。

これは2月8日午後10時頃に、社外のクラウド型お問い合わせ管理システムの利用における権限設定の不備が原因で、2020年1月29日から2021年2月9日の期間、問い合わせ受付内容の一部が第三者からアクセス可能な状態であったことが判明したというもの。

アクセス可能であったのは、freeeのアカウントにログインしないで問い合わせできる「アカウント再設定申請フォーム」、「料金・お支払い関連用問い合わせフォーム」「人材募集(求人一覧)」にて問い合わせしたユーザーからの初回問い合わせ受付内容2,898件。問い合わせ受付内容の文中には下記の内容が含まれていた。

メールアドレス:2,898件
氏名:1,744件
電話番号:794件
住所:7件
銀行口座番号:3件
クレジットカード番号:2件
freee以外のサービスのID、パスワード:2件
freeeのログインID、パスワード:1件

同社では翌2月9日に、第三者からアクセスを不可能とするよう設定変更を完了しており、監督官庁および個人情報保護委員会への報告と該当者への個別連絡を行う予定。

同社では今後、あらゆるシステムについて一層のセキュリティ強化に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る