KCCS「Salesforceセキュリティ診断サービス」提供開始、1回80万円から | ScanNetSecurity
2021.04.21(水)

KCCS「Salesforceセキュリティ診断サービス」提供開始、1回80万円から

京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月24日、クラウドセキュリティ診断サービスのラインナップに「Salesforceセキュリティ診断サービス」を追加し、同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は2月24日、クラウドセキュリティ診断サービスのラインナップに「Salesforceセキュリティ診断サービス」を追加し、同日から提供開始すると発表した。

同社では2019年7月から、クラウドサービスに対するセキュリティ診断サービスを提供開始し、IaaSはAWS、Azure、GCP、ニフクラ、SaaSはBox、Google Workspace、Microsoft 365、Zoomを対象に設定診断を行ってきた。

「Salesforceセキュリティ診断サービス」は、株式会社セールスフォース・ドットコムの提供する顧客関係管理ソリューション「Salesforce」の設定を、同社エンジニアが診断のノウハウを活用し、情報セキュリティの観点から第三者目線で診断し、企業の情報漏えいリスクを低減するサービス。

「Salesforce」は機能の豊富さから設定項目が数多く存在し、1月には内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)から、「Salesforce の製品の設定不備による意図しない情報が外部から参照される可能性について」の注意喚起が行われ、実際に設定不備による漏えい事故も起きている。

本診断では、セールスフォース・ドットコムが提供する「セキュリティガイドの『ユーザーの認証』の項目」、「ゲストユーザーセキュリティポリシーのベストプラクティス」の内容に基づきセキュリティチェックを実施、価格は1回800,000円からとなる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 偽の reCAPTCHA認証がポップアップする改ざん被害発生、2020年も同様事例

    偽の reCAPTCHA認証がポップアップする改ざん被害発生、2020年も同様事例

  2. 10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

    10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

  3. IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定

    IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定

  4. Android版「COCOA」の不具合、4ヶ月間にわたり見逃されたことを問題視

    Android版「COCOA」の不具合、4ヶ月間にわたり見逃されたことを問題視

  5. 霞が関のPPAP廃止会見受け、「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」に機能拡張と新サービスを開発

    霞が関のPPAP廃止会見受け、「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」に機能拡張と新サービスを開発

  6. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 44 回 「どこも身近な問題ってどうよ ?! まだだ! まだ終わらんよ!!」(後編)

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第 44 回 「どこも身近な問題ってどうよ ?! まだだ! まだ終わらんよ!!」(後編)

  7. JPRS、Windows DNSサーバの脆弱性情報を公開

    JPRS、Windows DNSサーバの脆弱性情報を公開

  8. 横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応

    横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応

  9. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

  10. ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

    ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

ランキングをもっと見る