イエラエセキュリティ、AWS・Azure・GCP・SFDC対象 全方位「クラウド診断」開始 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

イエラエセキュリティ、AWS・Azure・GCP・SFDC対象 全方位「クラウド診断」開始

株式会社イエラエセキュリティは3月18日、クラウドサービスを利用する企業向けに「クラウド診断」サービスを同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
4つの診断プラン
4つの診断プラン 全 1 枚 拡大写真
株式会社イエラエセキュリティは3月18日、クラウドサービスを利用する企業向けに「クラウド診断」サービスを同日から提供開始すると発表した。

本サービスでは、アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure(Azure)、Google Cloud Platform(GCP)、Salesforceなど、パブリッククラウドに対し設定不備や不適切な認証認可をはじめとするセキュリティ上の問題点がないか同社のセキュリティエンジニアが診断、コンテナ(CaaS)やサーバレスコンピューティング(FaaS/BaaS)まで幅広く対応し、安心安全にパブリッククラウドを活用できるよう支援する。

本サービスは企業のクラウド利用形態に合わせ、Amazon EC2などのインスタンスで構成されたアプリケーションを対象とした「クラウド診断」、AWS Lambdaなどのサーバレスコンピューティングを中心としたアプリケーションを対象とした「クラウド診断サーバレス」、Amazon ECS / EKS上のコンテナを中心とするアプリケーションを対象とした「クラウド診断コンテナ」、Salesforceを対象とした「クラウド診断Salesforce」の4種の診断プランを準備。

本サービスはAWS、Azure、GCPの3大パブリッククラウドに対応し、特にGCPに関してはFirebaseの診断についてもサポートを行う。3大クラウド以外のクラウドの診断やサーバレス、コンテナ、オンプレミスシステムとハイブリッド構成についてもヒアリングを実施した上での診断が可能となっている。

また、Salesforceの診断ではExperience Cloudを利用した組織を主な対象に、アクセス権限をはじめとした設定の検証に加え、Apexに対するソースコード診断が可能。

さらに本サービスにおいては、パブリッククラウドの設定やコンテナを採用したシステムの設定ファイルをホワイトボックス形式で分析し脆弱性を洗い出す静的解析と、診断対象のアプリケーションの動作を解析し攻撃を試みる動的解析を併用したセキュリティ診断を行う。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop