ASPIC、新たに 4 件のクラウドサービスを安全性 信頼性に関する情報を正しく開示していると認定 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

ASPIC、新たに 4 件のクラウドサービスを安全性 信頼性に関する情報を正しく開示していると認定

一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は4月2日、クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定機関として、申請された4件のクラウドサービスを3月31日付で新たに認定したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
新規認定会社ロゴとクラウドサービス安全・信頼性情報開示認定制度認定マーク
新規認定会社ロゴとクラウドサービス安全・信頼性情報開示認定制度認定マーク 全 1 枚 拡大写真
一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は4月2日、クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示認定機関として、申請された4件のクラウドサービスを3月31日付で新たに認定したと発表した。

一般社団法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会(ASPIC)は2020年4月1日に、「特定非営利活動法人ASP・SaaS・AI・IoTクラウドコンソーシアム」(ASPIC)から法人名称等の変更を行い、クラウドサービス情報開示認定機関として活動を行っている。クラウドサービス情報開示認定制度は2007年から総務省指導の下、ASPICが立ち上げ、推進しており、利用者が安心して利用できるクラウドサービスの普及推進を図っている。

本認定は、サービスの安全性、信頼性に関する情報を正しく開示しているクラウドサービスにのみ与えられ、今回の認定で累計191社の277サービスが認定されている。

今回、新たに認定されたのは下記の4サービス

・株式会社アドソフト「クオリード人材派遣クラウド」
・NECネッツエスアイ株式会社「Symhonictプラットフォームサービス」
・アイルジャパン株式会社「自動販売機の遠隔検診サービス」
・オルガノプラントサービス株式会社「オルトピアJクラウド」

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop