「クラウド利用でインフラ費用 2 倍」クラウドコンピューティングの不都合な真実 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

「クラウド利用でインフラ費用 2 倍」クラウドコンピューティングの不都合な真実

シリコンバレーを拠点に活動するベンチャーキャピタル会社のアンドリーセン・ホロウィッツは、「大規模な運用を行っている場合、クラウドのコストによってインフラ費用は少なくとも 2 倍になる可能性がある」と提言する論文を掲載した。

国際 TheRegister
クラウドコンピューティングの不都合な真実「クラウド利用でインフラ費用が 2 倍に」
クラウドコンピューティングの不都合な真実「クラウド利用でインフラ費用が 2 倍に」 全 1 枚 拡大写真
 シリコンバレーを拠点に活動するベンチャーキャピタル会社のアンドリーセン・ホロウィッツは、「大規模な運用を行っている場合、クラウドのコストによってインフラ費用は少なくとも 2 倍になる可能性がある」と提言する論文を掲載した。

 論文の内容は、サラ・ワン氏とマルティン・カサード氏が共同で調査したもので、クラウドコンピューティングの不都合な真実に基づいている。それは、多くの補足事項はあるものの、計算リソースをサードパーティから時間単位で購入すると、本質的には自社でインフラを購入するよりもコストがかかるというものだ。

 原価の観点からクラウドコンピューティングを支持する議論の一つに、オンデマンドでのスケーリングを持ち出すものがある。ピーク時の負荷に対応するために十分なハードウェアを所有する必要に迫られながらも、それ以外の時間帯にはハードウェアの大半をアイドル状態にしておかなければならない運用方法と、オンデマンドスケーリングは対照的だ。そして、パブリッククラウド事業者が持つ巨大なスケールを利用することで、ハードウェアの購入や保守の効率性は他社の追随を許さないものになると言う。

クラウドは「インフラ費用の増加」につながる

 これらの要因にもかかわらず、ワン氏とカサード氏は、「現在クラウドインフラを利用しているパブリックソフトウェア企業のうち上位 50 社では、インフラを自社で運用する場合と比較して、クラウドが利益率に与える影響により、推定 1,000 億ドルの市場価値が失われている」と主張した。

 また、すべての上場企業に拡大した場合、その影響額は 5,000 億ドルを超える可能性があると推定している。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  3. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  4. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  5. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  6. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  7. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  8. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  9. Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

    Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

  10. 個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

    個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

ランキングをもっと見る