チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ | ScanNetSecurity
2024.06.19(水)

チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

 調査したところ、東京ガスライフバル湘南の営業担当者が、同社が保有する当該顧客のガス小売契約の情報(氏名、住所、電話番号、支払方法)を使用し、顧客の承諾を得ずに顧客情報サービスから電気使用量実績を取得したことが判明した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ(東京電力エナジーパートナー)
トップページ(東京電力エナジーパートナー) 全 8 枚 拡大写真
 東京電力エナジーパートナー株式会社は7月7日、同社の顧客情報を不正に入手した他社への電気契約の切り替えや勧誘が判明したと発表した。

 これは東京電力の顧客が契約情報や支払いに関する問い合わせ等に利用する同社Webサイトのチャットサポート等から、他の小売電気事業者が不正に顧客情報を入手し、同意なく他社へ電気契約を切り替える行為や、電気契約の切り替えを促す営業活動に使用する等の行為を確認したというもの。

 東京電力によると、日本瓦斯株式会社から同社の営業委託先が、東京電力と契約する16件の顧客に対し、保有するガス契約の顧客情報を元に、東京電力Webサイト上のチャットサポートから不正に入手した情報を使用し、顧客の同意なく同社への電気契約の切り替えを行っていたと報告があったという。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  2. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  3. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  4. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  5. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  6. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  7. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  8. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  9. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  10. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨PR

ランキングをもっと見る