『Apex Legends』不正プレイヤーへのBAN執行、PS4プレイヤーが大半を占める | ScanNetSecurity
2022.08.14(日)

『Apex Legends』不正プレイヤーへのBAN執行、PS4プレイヤーが大半を占める

低ランク帯に高ランク帯が暴れまわる「ファーミング」行為もBAN対象に。

脆弱性と脅威 脅威動向
『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー
『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー 全 1 枚 拡大写真

Respawn Entertainmentでセキュリティスタッフを務めるConor Ford氏は、『Apex Legends』において「ダッシュボード」行為とマッチメイキングでの不正を行ったプレイヤーに対するBANを行ったことを発表しました。

「ダッシュボード」行為とは、死亡時に強引にゲームを切断してランクポイントを下げることなく維持するという不正行為です。また同時に、高ランク帯プレイヤーがブロンズ帯プレイヤーのロビーに入り初心者狩りを行う、「ファーミング」行為を行ったプレイヤーもBAN対象となりました。

今回のBANではプラットフォームごとの人数内訳も発表。ニンテンドースイッチが15人、PCが44人、Xboxが62人、PS4はなんと1,965人とほとんどの割合を占める人数です。

『Apex Legends』については、8月3日に新レジェンド「シーア」も参戦する新シーズン「エマージェンス」が開幕予定。今回BANされたプレイヤーたちは、残念ながら新シーズン開幕を同時に祝うことができませんが、新シーズンでも不正行為は行わず正々堂々競い合いましょう。

『Apex Legends』敗北時の切断によるRP維持を取り締まるBANが執行―BAN対象のほとんどがPS4プレイヤー

《みお》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

    社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

  2. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

    GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

  3. 「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

    「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

  4. JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

    JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

  5. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  6. 複数の Qualcomm 製品に複数の脆弱性

    複数の Qualcomm 製品に複数の脆弱性

  7. 第2のCobalt Strikeか/韓国タクシー会社 迅速な身代金支払と事実公表/医療分野への攻撃が世界的傾向 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    第2のCobalt Strikeか/韓国タクシー会社 迅速な身代金支払と事実公表/医療分野への攻撃が世界的傾向 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  8. 小中学校の校務ネットワークにランサムウェア攻撃

    小中学校の校務ネットワークにランサムウェア攻撃

  9. よみがえる幽霊(Spectre)、Wasmサンドボックス回避 ほか ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2022 注目セッション

    よみがえる幽霊(Spectre)、Wasmサンドボックス回避 ほか ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2022 注目セッション

  10. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

ランキングをもっと見る