フィッシングは添付ファイルが効果的、5人に1人がクリック:Proofpoint調査 | ScanNetSecurity
2021.10.21(木)

フィッシングは添付ファイルが効果的、5人に1人がクリック:Proofpoint調査

日本プルーフポイント株式会社は8月26日、年次レポート「Human Factor 2021(サイバーセキュリティにおける人的要因分析)レポート」の日本語版を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
メッセージボリューム別の攻撃タイプ
メッセージボリューム別の攻撃タイプ 全 2 枚 拡大写真
 日本プルーフポイント株式会社は8月26日、年次レポート「Human Factor 2021(サイバーセキュリティにおける人的要因分析)レポート」の日本語版を発表した。

 同レポートではプルーフポイントの脅威リサーチチームが2020年を通して1日22億以上のメール、350億以上のURL、2億以上の添付ファイル、 3,500万以上のクラウドアカウントを分析、現在も続くリスクと脆弱性を明らかにしている。

 同レポートによると、ランサムウェアのダウンロードに使用される第1段階のマルウェアの多くが配布されるルートとしてメールが使用されており、4,800万通以上のメールにマルウェアが含まれていた。

 またサイバー攻撃の形態としては、消費者向けと企業向けの両方の認証情報フィッシングが圧倒的に多く、悪意のあるメッセージ全体の3分の2を占め、これらがアカウント侵害につながりビジネスメール詐欺(BEC)や情報窃取などの他の攻撃が開始されることとなる。

 添付ファイル、データ、リンクのフィッシング手法で最も成功しているのは添付ファイルで、シミュレーションを行ったところ平均して5人に1人がクリックしており、他の2つの手法を合わせたものより高い割合となっている。

 巧妙なビジネスメール詐欺(BEC)の試みが増加しており、プルーフポイントが検知したケースでは、1つの攻撃グループ(TA2520)がBECを利用してCレベルの役員になりすまし、複数のメール受信者に偽の企業買収の名目で100万ドル以上の金額を送金するよう指示していた。

 ステガノグラフィの攻撃の標的となった3人に1人以上が悪意のあるメールをクリックしており、これはすべての攻撃の中で最も高い成功率であった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

  2. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  3. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  4. 富士病院に不正アクセス、システム障害発生に伴い診療制限を実施

    富士病院に不正アクセス、システム障害発生に伴い診療制限を実施

  5. 漏えい事故発生 その時企業は何をすべきか ~ 日本・台湾・タイ・EU 規制状況

    漏えい事故発生 その時企業は何をすべきか ~ 日本・台湾・タイ・EU 規制状況

  6. GSXが中堅企業へ提供するセキュリティアセスメントサービスが教える「日本人がとても知りたいこと」

    GSXが中堅企業へ提供するセキュリティアセスメントサービスが教える「日本人がとても知りたいこと」PR

  7. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  8. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  9. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  10. 教育機関デジタル化実態調査、オンライン学習に潜むサイバー不正行為に警鐘

    教育機関デジタル化実態調査、オンライン学習に潜むサイバー不正行為に警鐘

ランキングをもっと見る