Deep Instinct「2021年上半期 脅威レポート」公開、マルウェアは2019年と比較し800%増加 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

Deep Instinct「2021年上半期 脅威レポート」公開、マルウェアは2019年と比較し800%増加

ディープインスティンクト株式会社は9月7日、「2021年上半期 脅威情勢レポート」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
記者会見で米Deep Instinct社VPの乙部幸一朗氏が示したスライド、最近の大規模ランサムウェア事案の被害企業と、被害額(支払った身代金の額または払わなかった場合の復旧費用)対照一覧表
記者会見で米Deep Instinct社VPの乙部幸一朗氏が示したスライド、最近の大規模ランサムウェア事案の被害企業と、被害額(支払った身代金の額または払わなかった場合の復旧費用)対照一覧表 全 1 枚 拡大写真
 ディープインスティンクト株式会社は9月7日、「2021年上半期 脅威情勢レポート」を公開した。米Deep Instinct社の脅威研究チームが、2021年1月から6か月間の脅威リポジトリからマルウェアを分析、種類別の検出値推移や今後、注視すべきランサムウェアとその特徴を明らかにしている。

 9月7日にオンラインで開かれた記者向けのブリーフィングで米Deep Instinct社バイスプレジデントAPJ事業開発担当の乙部幸一朗氏によれば、年次ではなく半期単位でレポートを出したのは同社としてはじめてのことだという。

 本レポートでは、2021年上半期におけるマルウェアの活動特徴として次の6点を挙げ解説している。

・ランサムウェアは2019年同期比で800%もの増加
 ランサムウェアの検出件数は、2019年1月~6月期と比較して800%も大幅に増加、2021年前半だけでもランサムウェアは244%増加している

・ランサムウェアは依然としてSTOPが過半数を占める
 PDFやMicrosoft Officeドキュメント、データベース、写真、音楽、動画に狙いを定め最初の5MBだけを暗号化するSTOP(亜種名Djvu)が検出数トップ5の合計値のうち、過半数を超える66.3%を占める。

《高橋 潤哉》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop