Palo Alto Networks社PAN-OSに脆弱性、日本国内で422台の稼働を確認 | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

Palo Alto Networks社PAN-OSに脆弱性、日本国内で422台の稼働を確認

株式会社マクニカのセキュリティ研究センターは11月12日、Palo Alto Networks社PAN-OSの脆弱性 CVE-2021-3064について発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 株式会社マクニカのセキュリティ研究センターは11月12日、Palo Alto Networks社PAN-OSの脆弱性 CVE-2021-3064について発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

PAN-OSの8.1系(8.1.16以下)

 Palo Alto Networks社製のネットワークアプライアンスで利用可能なVPN/リモートアクセス機能であるGlobalProtectの脆弱性で、悪用された場合はroot権限での任意のコードが実行可能となり、攻撃者にアプライアンスの設定値情報やログイン用の資格情報の窃取、アプライアンス設定の変更などが行われる可能性がある。

 同センターでは、インターネットで公開されているサーバ台数をShodanのデータを利用して集計したところ、脆弱性に該当するバージョンPAN-OS 8.1~8.1.16の台数としてグローバルで6,811台、日本国内で422台を確認している。

 同センターでは、2021年12月10日には本脆弱性を発見したセキュリティベンダから詳細情報が公開予定で、その前後で実際の攻撃が始まる恐れがあり、早めの対策を強く推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  3. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  4. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  5. 「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

    「経産省 営業秘密官民フォーラム」IPA 資料公開、内部不正対策ほか

  6. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

  7. 東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

    東証プライム上場企業運営「PR TIMES」に虚偽情報による企業登録、2 件のプレスリリース掲載

  8. 2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

    2 年連続 ITパスポート試験が 1 位、情報セキュリティマネジメント試験も注目ランキングで 2 位に

  9. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  10. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

ランキングをもっと見る